お問い合わせ

南三陸町移住支援センター電話番号0226-47-1880

メールでのお問い合わせ

南三陸町移住支援センター電話番号0226-47-1880

ヘッダースマートフォンボタン
南三陸町移住支援センター電話番号0226-47-1880
メールでのお問い合わせ
相談窓口開設中 お問い合わせはこちらから

子育て・教育・医療・福祉

南三陸町での子育てについて

 南三陸町内には認可保育所、認定こども園、民間保育施設、私立幼稚園、計7カ所の保育等の施設があります。

認定こども園とは

 都道府県知事が条例に基づいて認定する「教育」と「保育」「子育て」を一体的に行う、幼稚園と保育所の機能を併せ持つ施設で、町内に2カ所あります。

 今年度より、名足保育園が「南三陸町立名足こども園」に変わり、入谷ひがし幼児園とともに認定こども園としてスタートしています。
また、こども園になったことで、就労の有無に関係なく利用することができます。

 そして、子育て仲間との交流や育児相談ができる「子育て支援センター」や、子どもが安心して放課後を過ごせる「放課後児童クラブ」があります。

 南三陸町では、施設面や子育てにおける助成・手当て等の支援が充実しています。また、「子どもたちを安心・安全な環境で育てたい!」という熱い想いを持った保育士の方もたくさんいらっしゃいます。
 震災後、小中学生の通学がバスでの送迎になったことで、バス乗降場に親御さんや祖父母の方が集まるようになり、交流が生まれ、地域でこどもを育てていく関係性や繋がりができています。
 このように、南三陸町では制度を含め町・地域一体となって子育てのサポートを行っています。
手を洗っているこどものイメージ画像

教育について

 南三陸町内には町立の小学校が5校(志津川・戸倉・入谷・伊里前・名足)、中学校が2校(志津川・歌津)あります。震災で校舎が被災した戸倉小学校も2015年10月に新校舎が再建され、全ての小中学校が復旧・再開しています。また、町内には県立志津川高等学校もあります。
 県内初の「地域連携型中高一貫教育」を実践し、町内中学校2校と連携して中学・高校の6年間で計画的・継続的な学習を行っています。
 キャリア教育にも力を入れており、1学年時の大学・企業見学会、2学年時のインターンシップなど特色のある教育プログラムを実施しています。
 そして、去年から“ふるさと南三陸を学ぶ講演会”を実施しています。町内外の会社の経営者の方、専門家、職業人、教育者の方に講師として登壇いただき、様々な生き方や考え方、役割などを学ぶプログラムになっています。南三陸町のことを更に知り、ふるさとの将来を担う社会人としての意識を高めることを目的に各学年毎、年3回実施されます。
 地域とともに歩み,地域に貢献できる人材育成をめざして取り組まれていらっしゃいます。
南三陸町の小学校の様子

医療・福祉について

 震災で被災した公立志津川病院は、2015年12月より新たに「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」として開院しました。病院としての機能のほか、地域の保健や福祉の行政サービス拠点も加えられた施設になっています。
 病院の診療科は、内科・外科・小児科など10科。総合ケアセンターには、保健センター、地域包括支援センター、子育て支援センターなどの他、社会福祉協議会も入っていますし、町の被災者支援係、社会福祉係、子ども家庭係などの窓口もできたことから、保健福祉分野の総合的な拠点となっています。
南三陸病院・総合ケアセンター南三陸
 他の特徴として、病院の特徴として予防や健診まで幅広く担える体制であること、石巻赤十字病院との機能分担を明確にし、南三陸病院は「町民のかかりつけ機能」を担う役割を強化したこと、があげられます。
 また、震災を経験した病院として、防災対策面も強化しており、志津川エリアの高台に、免震構造で建設されています。外来には、「ペレット」と呼ぶ木材を原料とした燃料エネルギーを使ったスト―プを置いています。
 温もりのある、明るい病院で地域の医療・福祉をさせています。
南三陸病院・総合ケアセンター南三陸看板

南三陸町を知る

ページの先頭へ